神奈川県 婚活

銀行員は結婚できる?おすすめの婚活方法まとめ

結婚したい異性の職業ランキングでは常に上位にくる銀行員。人気のある職業かと思いきや、現実では未婚率が高かったり婚活しても結婚するまでに時間がかかったりすると言われています。

 

たしかに、周りに結婚していない人がいると安心してしまい、婚活しなければいけないと思いつつも後回しになってしまいますよね。

 

そこで今回は、出会いが少なく結婚できないと悩んでいる銀行員のために、結婚意識が高い異性と出会える婚活方法を紹介します。

 

こちらの記事を参考に婚活をはじめれば、時間をかけずに結婚することは難しくありません。読み終わった後にすぐはじめられる婚活サイトがおすすめですが、ほかの婚活方法もまとめてチェックしていきましょう。

 

銀行員におすすめの婚活サイトはこちら

 

 

銀行員はどこで出会いを見つける?婚活方法は?

 

晩婚化が進んでおり未婚率が高く、出会いがないと悩んでいる銀行員がたくさんいる一方、婚活をしなくても自然に恋愛に発展して結婚した人もたくさんいます。

 

そのような人たちはどうやって出会いを見つけているのでしょうか。大きく分けると社内恋愛から結婚に発展するケースと、友達などの交友関係から結婚に至るケースの2パターンあります。

 

障害や煩わしさがありそうにも思える方法ですが、ひとまずどのような状況なのか詳しく見ていきましょう。

 

 

社内恋愛から結婚に発展するケースが多い

銀行員にとって一番身近なのは、社内恋愛から結婚に発展するケースです。社内恋愛は1日のほとんどを一緒に過ごすことになり、プライベートだけでなく相手の仕事中の様子も知れます。相手のダメなところもいいところも近くで見ることになるので、相手のすべてを受け入れた上での結婚に発展するのです。

 

このようなカップルの場合、お互いが銀行員同士ということで話が合いやすく同じリズムで生活するため、すれ違いになりにくい傾向があります。

 

しかし一方で、銀行によっては社内恋愛が禁止されていることも多く、ほとんどの場合では交際の事実が発覚したときにはどちらかが別の支店に異動を命じられるのです。これは2人が共謀して不正行為をしたり、情報漏えいしたりしないようにするための対策。

 

そのため、社内恋愛に発展した場合でも、ほとんどの銀行員は会社内の人にバレないようにひっそりと関係を続けています。

 

このように、周りでは気づかない内に社内恋愛や結婚の話が進んでいってしまうので、気がつけば身近な異性がすべて既婚になってしまうという状況に。社内恋愛という身近な方法だからこそ、結婚したいという意識が高まった頃には手遅れになりやすいのです。

 

 

身近な交友関係を使って出会いを見つける

社内で出会いが見つからないとすれば、友達や知り合いを通じて異性を紹介してもらうケースが多いです。社会人は学生とは違って、新しい出会いといえば仕事関係に限られてしまうことがほとんど。

 

身近な友達も自分と同じように出会いがないと悩んでいることが多いです。会社で働いていると本音だけでは生きていけないことも多く、気の知れた仲間と集まってストレスを解消する機会も増えるでしょう。

 

このような飲み会にそれぞれの友達や同期などを誘い合えば、そこから自然と恋愛に発展することもあります。自分の交友関係を使うと、まったくの他人同士ではないこともあって親近感が湧きやすく、深い仲に発展しやすいです。

 

友達の友達のまた友達、というふうに連鎖がつながってたくさんの異性と知り合えます。自分がよく知っている人の紹介だという安心感もあり、必要以上に警戒心を抱かなくてもいいので気楽に楽しめる出会い方です。

 

しかし、気軽で安心感がある一方、相手に結婚する気がなければいくら頑張っても結婚できません。時間をかけずに結婚するなら、婚活して理想の相手を探すのが一番の近道です。

 

 

銀行員は未婚率が高い職業

 

社内恋愛や交友関係から結婚に発展するケースが多い銀行員ですが、実をいうと銀行員は未婚率が高い職業でもあるのです。一方で銀行員の婚期は早い傾向にあり、20代前半で既婚という銀行員も少なくありません。

 

このギャップは転勤が多い若手の男性銀行員が早々に結婚してしまうことによって起こります。

 

女性銀行員の方が婚期を逃しやすい傾向にあり、20代前半でチャンスを逃してしまうとどんどん状況が厳しくなっていくのです。

 

銀行員の未婚率が高い理由をもう少し詳しく掘り下げてみましょう。

 

 

忙しくて婚活する時間がない

銀行員というと残業や休日出勤がなく、理想的な働き方をしているというイメージを持たれがちですが、現実は違いますよね。

 

退勤時間や残業などは銀行や部署によっても変わりますが、一般的な会社員と同じく夜遅くまで残業することも珍しくありません。

 

結婚を真剣に考えはじめる20代後半になると、大きな仕事を任されたり重要な役職についたりと仕事面が充実しはじめます。すると自然に仕事に割く時間が増えるので、結婚したいと思いつつも婚活が後回しになってしまうのです。

 

このように、仕事をバリバリこなしたいという思いが強いほど婚期を逃しやすくなります。そしてズルズルと時間だけが過ぎていくと、婚活しても結婚までに時間がかかるというケースが増えてしまうのです。

 

 

結婚適齢期の異性との出会いが少ない

若くして結婚している銀行員は社内恋愛や交友関係の中で関係をつくっていますが、それ以外のところではまったくと言っていいほど出会いがありません。

 

顧客と必要以上に親しくなることは禁じられていますが、わかりやすく例を挙げてみます。

 

銀行の窓口に来るお客さんといえば、融資の相談に来ている会社経営者、年金や資産管理の用事がある高齢者、子供の学費ローンを組んでいる中年代の人がメインです。結婚適齢期である20〜30代の人はATMで用事が済んでしまうため、ほとんど窓口に訪れることはありません。

 

その他でチャンスがあるといえば、郵便や荷物の運送業者やセキュリティ会社の人ですが、人数が少ない上にいつも同じ人が来ます。その人と関係が発展しなければ、それ以上のチャンスは見込めません。

 

このように、銀行員は結婚適齢期である20〜30代の未婚者と出会う機会が極端に少ない上に、出会ったとしても深い仲に発展させられないという障害があります

 

 

異動が多く恋愛や結婚に発展させられない

総合職の人に多いのが異動です。短いスパンだと2年、長くても6年ほどで違う支店に移動になってしまうので、その土地に慣れてきた頃にまた違う土地へ行かなくてはなりません。

 

このように拠点がコロコロと変わるので異性と深い関係を築くのが難しかったり、仕事に熱中していてそれどころではなかったりします

 

人によっては早々に結婚することもありますが、収入が低い状態で結婚を決めるのは難しいですよね。相手のキャリアや交友関係を考えれば、結婚をせずに着いてきてもらうという選択には大きなリスクが伴います。

 

社内や交友関係の中で出会いが見つかったとしても、異動を理由に結婚を諦めるケースが多いです。

 

このように、一度保守的になってしまうとズルズルと時間だけが経ってしまい、未婚のまま過ごす銀行員も少なくありません。

 

 

銀行員は婚活市場で人気の職業

 

ここまでは銀行員の出会いや結婚事情、それにまつわる障害について詳しく解説しましたが「結婚は難しいな… 」と諦める必要はありません。

 

むしろ、これまで紹介した例のようにならないためにも、早く行動に移してほしいのです。

 

婚活市場で見てみると銀行員は男女ともに人気が高い職業なので、十分にチャンスがあります。

 

その人気の理由は、銀行員には真面目で堅実なイメージがあり、結婚後の安定した生活を想像しやすいという点です。

 

両親に紹介しても恥ずかしくない上に、職業の安定性や信頼性を高く評価してもらえます。

 

銀行員が婚活をして結婚するためには、今が一番若いんだという意識を持って積極的に行動することが大切です。

 

 

忙しい銀行員におすすめの婚活方法

結婚するための婚活方法はたくさんありますが、ここでは3つの方法に絞って紹介します。いずれの方法も結婚を真剣に考えている利用者が多いので、短い時間で結婚できる婚活方法です。

 

婚活といえば土日にイベントに参加したり相手に会ったりするのが一般的ですが、時間や場所を問わずにできる方法も紹介します。

 

忙しく自分の時間を優先したい銀行員にピッタリの方法なので、しっかりとチェックしましょう。

 

まずはそれぞれの婚活方法の特徴について解説します。

 

 

婚活パーティー

 

婚活パーティーは立食形式で一度に複数の異性と交流します。

 

パーティーの最後にカップル発表の時間が設けられているので、自然な流れで交際や結婚に発展しやすいのが特徴です。

 

婚活パーティーにはそれぞれテーマが設けられており、自分の理想の異性を探しやすいように工夫されています

 

例えば、アラサー限定や30代限定など年齢制限が設けられたテーマや、公務員限定や年収がいくら以上と決まっているテーマなどです。職業や年収に制限が設けられるのは男性がほとんどで、パーティーに参加するために在籍確認書類や収入証明書などが必要になります。

 

男性にとっては手間がかかるのがデメリットですが、結婚意識が高い女性だけと出会えるのがメリットです。一方、女性は一般的な婚活パーティーよりも高い参加料金が必要になるのがデメリットですが、ハイスペックな男性にだけ出会えるというメリットがあります。

 

このように制限が設けられているテーマのパーティーや本人確認がきちんと行われているパーティーを選ぶことで、ステータスを偽っている悪質な人を避けて婚活できるのです。

 

婚活パーティーはお見合いほど堅苦しくなく、街コンほどカジュアル過ぎない雰囲気で婚活したい人におすすめします。

 

知らない人との出会いを楽しめる人や初対面の人と打ち解けるのが得意な人は、ぜひ婚活パーティーに参加してみましょう。

 

 

結婚相談所

 

婚活パーティーは一度に複数の異性に出会える婚活方法でしたが、結婚相談所では一度に出会えるのは一人だけです。目の前の人にだけ集中すればいいので、グループで盛り上がるよりも一人の人と話すのが好きな人に向いています

 

結婚相談所はほかの婚活方法よりも料金が高いので、とくに結婚意識が高い利用者が多です。なるべく時間をかけずに結婚したい!という気持ちが強い人は結婚相談所を利用するとよいでしょう。

 

その際には自分が求めるサービスによって、仲介人型とデータマッチング型の2つから結婚相談所のタイプを選ぶ必要があります。

 

1つ目の仲介人型の結婚相談所は、プロのアドバイザーが担当について異性の紹介から結婚までを徹底的にサポートしてくれるタイプです。第三者と一緒に婚活を進められるので、異性との交際経験が少ない人や自信がない人でも安心。結婚まで着実に発展させたいという人には、仲介人型の結婚相談所がおすすめです。

 

2つ目のデータマッチング型の結婚相談所では担当者がつかないので、アドバイスを受けるには追加料金がかかります。そのため、仲介型の結婚相談所よりも料金が安い場合が多いです。
独自のプラットフォームを使って登録した情報を元に相手を探し、気に入った異性と連絡先を交換したらサービスは終了します。その後は自分で恋愛や結婚に発展させなければならないので、自分で積極的に行動できる人や婚活に慣れている人におすすめです。

 

プロの助けを借りながら計画的に婚活を進めたい人は仲介人型を、あまり干渉されずに自分のペースで婚活したい人はデータマッチング型を選ぶとよいでしょう。

 

 

婚活サイト(マッチングアプリ)

 

婚活サイトはネットさえあれば、いつでもどこでも婚活できる画期的な婚活サイトです。

 

まずはオンライン上で登録した情報を元に異性を探し、メッセージのやりとりをします。やりとりの段階でいいなと思えば、予定を合わせてリアルで会うという流れです。

 

メッセージをやりとりすることで会う前に相手がどんな人かが分かるので、イメージと違うなと思った場合にはムリに会う必要がありません。自分が会いたいと思った人にだけ会えるので、時間や労力を最小限に抑えられます。

 

事前に相手のことを知っているので会ってからガッカリすることがなくなり、効率よく婚活できるのです。

 

ネットで異性に出会うというと危険なイメージを持つ人も多いですが、最近は婚活方法として一般化してきたこともあり、セキュリティ面がかなり強化されています

 

利用する際には本人確認の手続きが必要ですし、Facebookと連動させるなど24時間体制で監視しているサイトが少なくありません。もちろん、Facebookのタイムラインに婚活サイトを利用していることが流れる心配はないので、安心して利用できます。

 

婚活サイトは検索機能やメッセージ機能は一回ごとにちょこちょこ使えばいいので、婚活パーティーや結婚相談所のように一度にまとまった時間をとる必要がありません

 

電車やバスでの移動中、休憩時間や寝る前の数分でサクッと使えるので、自分の予定を優先させながら婚活できるのです。

 

婚活するぞ!と身構える必要がなく家でゴロゴロしながらでも使えるほど気軽なので、どんな婚活方法がいいか悩んでいる人は、まずは婚活サイトで婚活をはじめてみましょう。

 

 

銀行員には婚活サイトがおすすめ

 

結婚を真剣に考えている人と出会える婚活方法を3つ紹介しましたが、とくに銀行員におすすめなのは婚活サイトです。

 

仕事やプライベートの予定を気にせず、今すぐにはじめられるのは婚活サイトだけ。

 

月額3,000〜4,000円というリーズナブルな価格ではじめられるのも魅力的です。仕事が忙しく婚活のためにまとまった時間がとりにくかったり、趣味や自分磨きに時間とお金を使いたかったりする人も多いでしょう。

 

婚活サイトであればスキマ時間にコツコツと婚活できますし、お手頃な価格なのでお財布にやさしいですよね。時間や場所を問わないので、仕事をバリバリこなしたりプライベートを充実させたりしたい人でも婚活できます。

 

婚活サイトを利用する人の中には同じように考えている人が多く、お互いが結婚を真剣に考えていることがわかるので深い仲に発展しやすいです。

 

結婚意識が高い利用者が多く集まるサイトを利用すれば、ネットでの出会いでも時間をかけずに結婚できます。

 

 

銀行員におすすめの婚活サイト(マッチングアプリ)ランキング

1位 youbride

 

youbrideは19年も長く運営している大手の婚活サイト(マッチングアプリ)です。

 

長い運営歴による経験や実績から、セキュリティ面でトップクラスの婚活サイトなので安心。

 

主な年齢層は20代後半〜40代となっているため、結婚を真剣に考えている人がたくさんいます。結婚を真剣に考えている方が多いぶん、はっきりと顔が写った写真を載せている人が多いです。

 

また成婚者の8割が5か月以内に成婚している実績もあります。

 

真剣に結婚を考えつつ、異性の顔写真もしっかり確認した上で結婚相手を探したい20代後半〜40代の銀行員にはyoubrideをおすすめします。

 

メールアドレスかFacebookのアカウントのどちらかがあれば3分程度で無料会員登録できますので、まずは試しに無料会員で異性の顔写真やプロフィールを閲覧してみることをおすすめします。

 

youbrideを無料で会員登録する方はこちら

 

 

2位 ペアーズ

 

ペアーズは累計会員数が600万人を超えており、日本国内では利用率No.1を誇る恋愛・婚活マッチングサービスです。

 

会員数が桁違いに多いペアーズは20代〜30代がメインのゼクシィ縁結びと比べると、40代以上でも出会いを見つけられます

 

女性なら完全無料で利用できますので、女性銀行員はペアーズを使わない手はありません。

 

またゼクシィ縁結びと同時進行で婚活を進めることができれば、それだけ男性との出会いの数は増えますので、できれば2つあわせて利用するのも良いでしょう。

 

ちなみにペアーズはFacebookアカウントか電話番号があれば、3分程度で無料会員登録が可能です。

 

ペアーズを無料で会員登録するならこちら

 

 

3位 with

 

20代で価値観を重視した出会いを探したい銀行員の方にはwithをおすすめします。

 

withは年齢層が若いため「今すぐに結婚したい!」という会員は少ないものの、価値観を重視して真剣なお付き合いをしたいと考えて利用している人が多いです。

 

メンタリストDaiGoさん監修の恋愛メンタリズム診断結果やお互いの共通点などをもとに、あなたにピッタリの価値観を持った異性を紹介してくれます。

 

「今すぐに結婚というよりは、ちょっとはやめに結婚を考えられるような異性とお付き合いを始めたい」と考える銀行員のかたは価値観重視のwithでお相手を探してみると良いでしょう。

 

withを無料で会員登録する方はこちら

 

 

婚活サイトの無料会員で婚活をはじめよう

 

身近なところに出会いがなく、たとえ出会ったとしても仕事柄の障害が多く結婚にまで至らない銀行員は、一部では婚活しても結婚できないといわれています。

 

しかし、今回紹介した婚活方法を使えば、時間をかけずに理想の相手と結婚できます

 

自分の都合を優先しながら婚活できるのは婚活サイトだけ。時間や場所を問わずリーズナブルな値段で使える婚活サイトは、仕事で忙しく婚活する時間がとれない銀行員にぴったりです。

 

婚活サイトは会員登録するだけで、無料で今すぐに婚活をはじめられます。まずは家でのんびりしながら結婚相手を見つけてみましょう。

 

婚活サイトの中でyoubrideは結婚に真剣な会員が多いので、結婚前提の出会いを見つけやすいです。無料会員でも異性の顔写真とプロフィールを確認できますので、まずは無料会員でどんな異性がいるのか探してみるのをおすすめします。

 

youbrideを無料会員登録する方はこちら

page top